バンクイック 在籍確認

MENU

意外と知らない在籍確認のこと

在籍確認については意外にその内容を知らないのではありませんか?
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックでは申し込み時もしくは契約時に自宅化勤務先へ連絡が来ますかという質問に対してこのように回答しています。
「勤務先の確認や、申込内容に間違いがないかなどを確認する為に、ご自宅およびお勤め先へ連絡する場合があります。」

 

新規申し込み時に基本的に自宅あてに連絡が来ることはありません。
在籍確認は勤務先に連絡が来るものです。

 

それでは在籍確認について詳しく見ていきましょう。

 

金融業者ではお金を貸すためには働いているということを最低限の条件としています。
申し込み条件の一つにあることからもお判りになるでしょう。
年齢と、保証会社の保証、そして安定した収入が申し込みの条件となっています。
お金を貸した以上は返済をしてもらわなくてはなりません。
返済をするためには収入が必要になるものであり、収入を得るために必要なのは勤務先です。
在籍確認をすることによって勤務先に確かに勤めていることを確認するためのものです。

 

在籍確認の際には勤務先へ三菱東京UFJ銀行から直接電話がかかってきます。
細かな内容になるものではありません。
三菱東京UFJ銀行であることを伝えることもなければカードローン利用のための確認であることを伝えることもありません。
実際にどんな内容となるのかご紹介しましょう。

 

三菱東京UFJ銀行から担当者が個人名で会社に連絡をします。
この時に詳しいことは伝えません、単純に呼び出し依頼という形での連絡となります。
その時に電話口に出るか出ないか、それは問題ではありません。
審査の一つとして行われる在籍確認になりますので電話口に本人が出れないことの方が多くなるものです。
というのも、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの場合、申し込み方法が複数あるものの基本的に使われているのはテレビ窓口かインターネット申し込みです。
申し込みを勤務先から行うとなればその場で電話に出られる可能性はあるものの、通常はそうはいかないでしょう。

 

それでは電話口に出ることが出来なかった時の在籍確認はどのようになるのでしょうか。

 

電話口に出られなかったとしても心配はありません。
「只今席を外しております」
「本日はお休みを頂戴しております」
このような回答で充分です。
在籍していることが確認できる返答です。
これで在籍確認は完了となります。
あまりに簡単で拍子抜けしてしまったかもしれません。

 

逆に電話口に出ることができたときには手間がかかることがあります。
電話口に出たときに本人であることを確認できなければ三菱東京UFJ銀行を名乗ることはありません。
そのため氏名や住所など電話口で確認されることとなります。
そうなると会社の中で電話口に出て自分の個人情報を伝えるという電話など会社に早々かかってくるものではありません。
何の電話なのか想像ができることはあるでしょう。

 

在籍確認は心配するようなものではありませんが、気になるようであれば申し込み時、もしくは申し込み前に三菱東京UFJ銀行に相談をしてみましょう。
第二リテールアカウント支店の専用ダイヤルで利用に関する相談を受けています。
申し込みの後はすぐに審査開始となりますので、審査が始まる前に在籍確認について相談しておくことが安心でしょう。
参照:http://sokujitu1.com/

返済が難しくなったら状況を整理しよう

返済が困難な状況になったとき、まずは現在の状況を整理することから始めましょう。
例えば1社からの借り入れであっても複数社からの借り入れであってもその状況の詳細全てを把握できているかといえばそうではない方が多いものです。
まず状況をこのように確認してみましょう。

 

・月々の返済額
・支払い利息額
・借入残高
・完済予定日
・金利
・手数料

 

現在の借り入れ残高がいくらあるでしょう。
返済を始めたときからどのくらい少なくなっているでしょうか。
もしかすればその金額は思ったほど減っていないかもしれません。

 

そこで見てみたいのは金利と支払利息、毎月の返済額です。
金利は消費者金融なら18.0%となっていることと思いますが、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックなら14.6%の金利です。
低金利とはいっても返済額としていくら用意しているのかによって元金充当額も利息支払い額も変わってきます。
毎月支払っている利息はいくらでしょうか。
そして元金に充当されている金額はいくらでしょうか。
返済が思いのほか進んでいないと感じられたときには元金に充当されている金額が小さいことが考えられます。

 

状況を整理することでこれからの方法を考えることができます。
見えてくる道筋がありますので、返済に困ったらまずは整理することを始めてみましょう。

 

もしそれでも返済が難しくなるかもしれません。
申し込みをしたときよりも事情が変わり収入が減ることもありますし、リストラなどによって職を失い収入を得られないことになるかもしれません。
収入のマイナスだけではなく、借金のプラスということも考えらえます。
カードローンの利用方法を間違ってしまえば融資限度額の範囲内で借り入れを繰り返し膨らんだ借金に首が回らなくなることもあります。
どうしても返済ができないとなれば、債務整理という方法を考えなくてはならないかもしれません。

 

ただし、債務整理は自己破産ではなかったとしても最終手段として考えておきましょう。
利息をつけて完済をすることは契約の最低限のルールであったはずです。
それが遂行できないとなれば個人信用情報機関にその情報は記録として残り、今後は借り入れはもちろんのこと、分割ローンも、クレジットカードも利用ができなくなるでしょう。
生涯残る記録ではないにしろ最長10年という期間で保管されることになります。
私たちが現在の日本で生活をしていくためには債務をしない生活は難しいものです。
携帯電話ひとつ契約をするとしてもそこでは機種代金分割払いというローンが必要になります。

 

債務整理は最終手段、しかし返済を放置するくらいであれば専門の弁護士事務所などに相談に向かいましょう。